INTERVIEW

お客様インタビュー

トヨタ自動車株式会社
衣浦工場鋳鍛造部 鋳鍛設備課
工長 坂川 新一様

信頼できるパートナーとして
先を見据えた提案と進化し続ける技術力

仕事内容、担当職務について教えてください。

車の部品であるギアなどの鋳造鍛造設備のメンテナンスが現在の職務です。
工長という立場にあるため、マニュアルに沿ったメンテナンスが実施されているかを管理し、異常を検知した場合にはいち早く復旧できるよう万全を尽くすよう日々努めています。

今の職務におけるやりがいを教えてください。

トラブルが起こらないことが一番なので、メンバー(仲間)の意見や報告、ラヴォックスさんなどの業者の助言やサポートを積極的に取り入れることで、一人ではなくチームとして問題解決に取り組んでいられる点がやりがいに繋がっています。

今取り組まれている「カイゼン」はなんでしょうか。
また、その中でラヴォックスがお役に立っている事はございますか。

カテゴリに分けると、安全、環境(Co2削減2050)、設備保全、原価低減など様々です。中でも設備保全においては、まず止めてはいけない、万が一設備が止まった場合、すぐに復旧させないといけないんです。
鍛造鋳造機械は20〜30年という長期間使用する前提で稼働しているため、特に壊れた時の備えが不可欠です。当然ながらメーカー保証が効かないため修理が難しく、一方で買替えとなると時間や資金が必要となります。
ラヴォックスさんとの取組みは、設備の寿命を長期化し投資を大幅に抑えることが出来るという点での貢献は勿論ですが、復旧までのスピーディな対応によりダウンタイムを抑制できるという点においても非常に有益となっています。

ラヴォックスに依頼したきっかけと依頼後の印象を教えてください。

紹介です。「本当に直るの?」と正直なところ半信半疑の印象を持っていました。しかしながら、専門知識を持ち合わせたプロフェッショナルな方が多く、的確な対応を経て自身の疑念が氷解すると共に、結果的にスピーディな納期を実現いただきました

営業担当とのエピソードがありましたら教えてください。

現場を一緒に回った時のことは今でも覚えています。鋳造鍛造の現場は想像よりも暑く、汚い現場ですが、そんな過酷な現場にも足を運び親身になって提案をいただき有り難かったですね。
また基板を修理して終わりではなく、今後の予防保全まで見据えた二人三脚の対応により、より信頼できるパートナーという実感を得ることができました。

今後、ラヴォックスと共に取組みたいことはございますか。

今1番関心のある取組みは、サーボドライバの劣化診断、故障予知診断ツール、加速度試験ですね。いつ壊れるかわからない、壊れた時に原因が見つからない、買替時期がわからないといった悩みを「見える化」し、「壊れてから直すではなく、壊れることを感知する」ことで、劣化管理体制が可能になり問題解決に繋がりますね。
また、新規にサービスを導入した設備に関しては、加速劣化試験と呼ばれる製品寿命を検証する試験を行いたいです。電装部品の寿命や劣化時期など、精度の高い予測が可能となれば、設備投資や生産ラインのメンテナンス費用など、計画の一助となりますし、何より現場の安心安全に繋げることができます。

INTERVIEW 01

JFEスチール株式会社

機器の基板を一斉にオーバーホールを行い、設備が故障する前の…

JFEスチール株式会社 現在のお仕事の内容を教えてください。
設備の保全を担当しています。設備が壊れたときに対応することはもち…

INTERVIEW 02

サンワテクノス株式会社三河支店 営業一課 主任 相澤孝弘様

高い技術力と素早い対応で、お客様が抱える問題を的確に解決

サンワテクノス株式会社 三河支店 営業一課 主任 相澤孝弘様 ラヴォックスとはどのようなお仕事をなさっていますか? 愛知県の大…

INTERVIEW 03

ENEOS株式会社 水島製油所計装保全グループ

予兆診断によるトラブルの未然防止や運転の最適化を行い、安全安心・信頼性向上及び競争力を兼ね備えた製油所を目指す

INTERVIEW 04

トヨタ車体株式会社塗装生技部 第2塗装技術室 山田様

単に故障を直すだけでなく、なぜ故障したのかを分かるまで解析